MENU

ペニトリンの成分表

ペニトリン

 

【ペニトリンの成分表】

l−アルギニン、ゼラチン、デキストリン、スイカ抽出物(l−シトルリン配合)、トンカットアリ抽出物、亜鉛含有酵母、ポリフェノール(ザクロ由来)、プロポリス抽出物、カルシウム

 

l−アルギニンとは??

L-アルギニンは成長ホルモンや男性ホルモンの生成、分泌を促すアミノ酸です。
男性ホルモンは性欲を増強させる効果をもっています。

 

その他のアルギニンの効果では疲労回復、血流改善、抗加齢、ダイエット、免疫力強化などがあります。

 

理想的なアルギニンの一日の摂取量は、通常3000mgから6000mg激しい運動を伴う人であればなら10000mg

 

L-シトルリンは??

 

l−シトルリンは、アミノ酸の一種で「スーパーアミノ酸」とも呼ばれます。

 

シトルリンの効果では血流改善、精力増強、疲労回復、冷え性改善が確認されています。

 

血管を強く丈夫にする働きをするので筋肉繊維そのものが太くなり、筋肉増強に効果があります。

 

L-アルギニンと同時接種することで、下半身への血行促進効果が認められています。

 

血管を膨張させる役割を担うので、これが実質的にペニスの勃起の効果を促します。

 

一日最大摂取量は800mg程度となっています。

 

ポリフェノールとは??

 

4,000〜5,000種類もあるとされているポリフェノールですが、全てのポリフェノールに共通する効果、効能があります。

 

それは抗酸化作用です。抗酸化作用とは、有害な活性酸素によるカラダのサビつきを防ぐ作用のことです。

 

具体的には、老化防止、免疫力を高める、がん予防などの効果があります。

 

目の働きを高める効果 - アントシアニン

 

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、目の働きを高める効果があります。

 

ブルーベリーやぶどう、プルーンなどに含まれているポリフェノールですね。

 

ブルーベリーやぶどうの青い色素はアントシアニンによるものです。

 

骨粗しょう症、更年期障害を予防する効果 - イソフラボン

 

こちらはポリフェノールの一種であるイソフラボンの効果。

 

イソフラボンには、骨粗鬆症や更年期障害を予防する効果があります。

 

大豆や納豆、豆腐、湯葉などの大豆製品に含まれます。

 

コレステロールや血圧を下げる効果 - セサミン

 

こちらも聞いたことのあるポリフェノールですね。

 

セサミンは主にごまに含まれ、コレステロールや血圧を下げる効果があります。

 

下痢の緩和や殺菌効果 - タンニン

 

こちらはポリフェノールの一種であるタンニンの働き。

 

タンニンには、便をかたくするなど下痢の緩和や菌を殺す効果があります。

 

緑茶、ワイン、ほうじ茶、コーヒー、紅茶などに含まれます。

 

肝臓の機能を高める効果- クルクミン

 

こちらはポリフェノールの一種であるクルクミンの効果。

 

近年、注目されているポリフェノールですね。

 

クルクミンは黄色の色素で、胆汁の分泌を促して、肝臓の機能を高める働きがあります。

 

生姜、ウコンなどに多く含まれています。